結婚写真の思い出

姉の結婚写真を見て、悪いことをしてしまったな、と思ったことがあります。
それは、私の離婚した夫も式に出席したことによって、家族写真としてしっかり写ってしまっているからです。
私は姉の結婚した年に離婚したのでした。
結婚写真というものは、通常、一生に一度のものです。
また、一大イベントでもあります。
そんな大事なものに離婚した夫が写っていることを、何だか申し訳なく感じてしまいました。
しかも、つい最近、姉の子どもたちが姉の結婚写真を見て、知らない人が写っていることを指摘するようになったのです。
まだ子どもたちは小さいため、あまり詳しい事情は話しませんでしたが、将来、こういったことも起こり得るものなのだな、ということを身を持って実感させられました。
簡単に結婚式に出席したり、離婚したりすることはいけないな、と思ったものです。
結婚写真は記念にずっと残るものでもあるので、悔いのないよう、しっかりしたものを撮った方がいいと思います。