披露宴はやるのが楽?やらないのが楽?

結婚式の披露宴。
新郎新婦共にやりたい場合はもちろん楽しくやるのが一番です。
でもどちらもあまり必要性を感じてなくて、海外で2人だけで式をしたらそれでいいよねってカップルも増えています。
そんな時披露宴をやめてしまうのが本当によいでしょうか?
披露宴には親・親戚・会社の人に友人まで皆来てくれます。
この1日だけで、ほとんどの人への報告と顔見せが終わるんです。
これってかなり魅力的なんですよ。
披露宴をしなくても、親戚には個々に挨拶に行かなければならないし
会社や友人も何かとお祝いパーティーなど開いてくれて結局たくさん顔を出さなければいけません。
拘束される時間も増えるし、お互いの出身が遠かったりしたら親戚を回るだけでも一苦労です。
でも披露宴なら、皆あつまってきてくれるので新郎新婦の負担はかなり減らされるんですよ。
お金がかかると思われがちですが、披露宴の費用はかなり抑えることが出来ますし本人達にそれほどこだわりがなければ、ご祝儀の中で披露宴をすることはそんなに難しくありません。
だからといって低予算がありありとわかるような披露宴になるわけではなく、予算の中でプランナーさんがしっかりとした披露宴を考えてくれます。
時間的にも予算的にも披露宴をしたほうがよいケースって結構多いんですよ。