多様化する最近のお墓事情

現在の日本は、人口都市部集中や少子化や核家族化などにより、家というものの考え方も変化してきたことに伴い、お墓もこれまでの親から子へ、子から孫へと継承されていくことが難しくなってきています。家に対する帰属意識が薄れ、家族の形も多様化しているため、お墓を継ぐ人がいないとか、遠方にあるので、お参りに行けないという問題が起こっています。