お墓を選ぶ際の注意点

通常、人は亡くなるとお墓に入ります。外国では土葬の習慣が多いですが、日本では一般的に火葬されて遺骨のみを埋葬します。しかし、これは近代になってからの習慣で古墳にみられるように以前は土葬の習慣もありました。現在の日本での埋葬が一般的に火葬であるのは、土地の少なさと関連があるでしょう。人一人を埋葬すると考えると、お墓は一人につき一か所になり、その面積も広く取らなければいけません。しかし、火葬してからの埋葬だと一人あたりが骨壺の大きさで済み、一つのお墓に家族全員もしくは、少し広くして先祖代々のお墓とする習慣でも十分機能します。現在は、一時よりは落ち着きましたが地価が高騰している関係で、新しく墓所を手に入れるのは大変です。お墓を継いだ人は良いのですが、兄弟が多く他に墓所を買わなければいけない人や、実家と離れている人などは亡くなる前に遺骨の埋葬・保管場所を探さなければいけません。また、昔の様に全ての人がどこかのお寺の檀家であるとは限りません。そんな中、宗派が決まっておらず、埋葬するお寺の手配がつきにくい人に向けて色々な場所に霊園が用意されています。これは、無宗教の人でも簡易に利用ができ、大規模なものになると近くの公共交通機関から送迎バスを運行している場合もあります。また、お墓ではなく納骨堂の様なものに遺骨を預けるシステムもあります。遺骨は埋葬や保管をしてお終いではないので、お参りへ行くことを考えて利用しやすさも考慮した墓所選びが必要です。