お墓について

最近では、亡くなった後にお墓をたてないという人も多いようですが、私はお墓は必要なものではないかと思っています。
私は小さい頃から、両親に連れられ、事がある度に先祖のお墓参りに行っていました。
今でも、近くを通ると、おじいちゃんやおばあちゃんのお墓参りに行きます。
母は、お墓の前で、手をあわせ、自分の先祖に色々と話しかけているようで、生前いた頃と同じように、自分の父や母であったおじいちゃんやおばあちゃんに話しかけている姿を見ます。
そんな姿を見ているので、お墓というものは、亡くなった後も、残されたものがそうして亡くなった方を偲ぶという場所でもあるので必要だと思います。
大切な方が亡くなった時、きっと自分は会いたいと思うものだと思います。
会いたいと思った時、お墓がなければ何処に行けばよいのかわからないものです。
お墓がある事で、亡くなった方を偲び、更には、先祖というものを大切に思う気持ちがあるのだと思います。